美容・美白女子にとって、紫外線は大敵ですね。
日焼け止め対策をいろいろ実施しても「しみになっちゃった」と、後悔される女子も少なくないようです。
近年は、とにかく紫外線情報が多いため、「日焼け」に対して関心が高くなってきて、その対策はたくさんでてきています。
そのため、あの手この手で、日焼け防止対策をされている方を、町中でもよく見かけます。

そこで、今回は、今大注目されている「体の中から日焼けを防止が可能な、飲む日焼け止めサプリメント」についてまとめてみました。

飲む日焼け止めサプリメントランキング!のもくじ♡

飲む日焼け止め サプリメント人気ランキングTOP5

それでは、ここで人気の日焼け止めサプリメントメント売れ筋おすすめランキングを紹介します。

1位:ホワイタス

ホワイタスは、銀座の美容外科クリニックの武藤先生が監修し、紫外線対策のみならず、お肌の状態を根本から改善できる成分を配合して作られた、飲む日焼け止めサプリメントです。

飲むだけで紫外線に負けない肌、紫外線に負けない体をめざして、体に足りない要素をしっかり補充されるように作られています。

ホワイタスは、ニュートロックサンを含むだけでなく、潤い成分や、メラニン色素の抑制に働きかける成分、そして体を支えるビタミン類、そして、肝機能を整えてくれる成分が含まれています。

代表的な成分は、
・「11種のビタミン」
紫外線対策の強い味方となる
・「シトラス」「ローズマリー」
エイジングケアをサポートしてくれる
・「ブライトニングパイン」
潤いをあたえる美容成分
・「ハイチオンエキス」
肝機能をサポートできちゃう作用があります。

ホワイタスサプリメントの注目のポイントは、
・ニュートロックスサンは紫外線を約60%カットできたといった実験結果が公式に発表されています。

ニュートロックスサンの公式サイト:https://www.nutroxsun.com/

・ハイチオンエキスがプラスアルファ成分として含まれていることで、肝機能を整えてお肌の新陳代謝を活性化します。

抗酸化物質だけでは防ぎきれない紫外線によるシミやシワも、お肌全体の代謝を上げ、防いでいくという発想で飲む日焼け止めサプリメントが作られています。

さらに製品に配合されている全成分を公表し、生産も国内の工場で行っているので、品質管理にも定評がある飲む日焼け止めサプリメントです。

2位:インナーパラソル16200 for UV

インナーパラソル16200 for UVは、ニュートロックスサンを主成分とした「飲む日傘」として、日焼け止めクリームや日傘ではケアしきれなかった部分もカバーできる飲む日焼け止めサプリメントです。

この飲む日焼け止めサプリメントには、

・「パインセラ」
肌に潤いを与え、外部からの刺激をガードしてお肌を守る、パイナップルから作られた天然のフルーツセラミドです。

・「コプリーノ茸(キノコの一種)から抽出した成分」
光老化から守り、シミが広がらないようにサポートする働きを持っています。

・「ビタミンC」
抗酸化作用の代表格の成分ですね。

・「ビタミンP(ビタミンバイオフラボノイド)」
ビタミンCの抗酸化作用の持続時間をサポートします。

などの美容成分が含まれています。

他の商品との違いは、
ニュートロックスサンが、7500mg配合されています。
しかし、配合量が示されていない商品もあり、多いか少ないかわかりませんが、一カ月を30日の計算で250mgとなり、研究結果の量と同じです。

この飲む日焼け止めサプリメントは、GMP、HACCP、有機JASの3つの認定を取得しており、国内製造で安心・安全に気を配っているところも人気です。

3位:雪肌ドロップ

2016年にUV対策として注目度が高かった「雪肌ドロップ」は、「ビューティーマニア」が販売元の飲む日焼け止めサプリメントです。

これには、「ニュートロックスサン」以外に、ビタミンやカロテノイドなど肌の老化防止成分が配合され、多くの女性に支持を得ています。

雪肌ドロップの代表的な成分としては、

・「カロテノイド」
吸収力抜群の抗酸化物質でシミ消しの効果があります。
・「システィン含有酵母」
肝機能改善で肌の代謝力をアップさせる作用があります。
・「混合ハーブエキス」
天然マルチビタミンとミネラルミックス(グァバ、ホーリーバジル、レモン等)
・「コラーゲンペプチドとアセチルグルコサミン」
ヒアルロン酸の減少を抑制し、弾力をアップします。
・「ザクロエキスパウダー」
女性ホルモン「エストロゲン」を含有し美肌効果のパウダーです。
・「植物プラセンタ」
豊富なアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどが肌をトータルケアします。
・「トマトパウダー」
抗酸化力を持つリコピンパワーです。
・「リンゴンベリー抽出エキス」
ビタミンEと美白成分アルブチンが豊富です。
・「マリーゴールドエキス」
デトックスの効果があります。

などです。

この飲む日焼け止めサプリメントの注目のポイントは、

・ボタニカルパワーで紫外線UVB波を56%ブロックします。
・多くの種類の美容成分が配合されているために、日焼け止め対策と美肌効果に注目が集まっている飲む日焼け止めサプリメントです。

4位:ホワイトヴェール

ホワイトヴェールは、美容情報サイト「キレイナビ」の代表を務めている美容家の飯塚美香さんがプロデュースした飲む日焼け止めサプリメントです。

紫外線から肌を守る注目の成分、ニュートロックサンを中心に、有効成分中99,9%が植物由来の成分でできています。

ホワイトヴェールサプリメントの成分は、

・「クロセチン」
抗酸化作用と血流改善を促します。

・「ザクロエキス」
美肌効果の高いエキスです。

・「メロンプラセンタ」
メロンの種の周りの栄養成分です。

・「天然のビタミン、ミネラルの成分」
グァバ、アムラ、ホーリーバジル、レモン、トマトなどの美容に良い成分を配合しています。

他の飲む日焼け止めサプリメント商品との違いは、
・ニュートロックサンの紫外線カット率が50%以上です。
・マリーゴールドに含まれる、目から入る紫外線から目を守る「ルテイン」が含まれています。
また、このサプリメントの工場は国内にあり、認定工場で製造され基準をクリアしているので、安心安全な飲む日焼け止めサプリメントとして人気です。

5位:メディパラソル

メディパラソルは、芸能人やモデルに大人気の「飲む日焼け止めサプリメント」です。

有名な雪肌ブロック、P.O.L.C、サンブロケアの効果よりも紫外線カット力が強いサプリメントメントと評判です。

人気のニュートロックスサンを主成分に、地中海で有名な、2つの紫外線対策成分が配合されています。

メディパラソルの成分とは、

・「オリベックス」
南フランスで収穫したオリーブ果実が原料で、ポリフェノールの一種であるヒドロキシチロソールを主成分とした成分です。
ヒドロキシチロソールは、抗酸化作用、抗炎症作用、血中の酸化抑制効果があると言われています。

・「レッドオレンジコンプレックス」
南イタリアのシチリア地方特産のブラッドオレンジが原料で、ポリフェノールの一種であるアントシアニンやフラバノンを含む素材です。

・「アントシアニン」
目の働きを高める効果や眼精疲労を予防できる効果があります。

・「フラバノン」
抗酸化作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用が期待できる成分です。

他の商品との違いは、
オリーブや、オレンジなど、日差しの強い、地中海の植物のエキスを3種類も配合して、より強力に紫外線ケアの実現を目指した商品です。

製造・品質管理は国内のGMP認証工場で行っていて、安心して毎日飲続けやすい飲む日焼け止めサプリメントとなっています。

ちなみに・・・「ニュートロックスサン」は、すべての紫外線をカットしてしまうと、日焼け止めクリームと同じくビタミンDなどの生成の妨げになってしまうために100%の配分にはなっていません。

日焼け対策の方法にはどのようなものがあるの?

今では外出時に、日焼け対策としていろいろ実践している方々をよく見かけます。

たとえば、UVカットのサングラス、UVカットのカーディガンやパーカー、ワンピースなど、さまざまな衣類、帽子、サンバイザー、日傘、アームカバー、ネックカバー、ストール
等、数多くの「日焼け対策グッズ」がでています。
これらは、すっかりおなじみですね。

また、化粧品関係では、化粧水やミルク当の基礎化粧品や、ファンデーションはもちろん、日焼け止めクリームやローションなどは、ドラッグストアなどで、所せましと並んでいて、どれを選んでよいか悩んでしまうほどです。

そして、使用した日焼け止め対策グッズによっては、「効果がいまいち」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日焼け対策の悩みに朗報!飲む日焼け止めサプリメント♪

このように、いろいろと日焼け止め対策グッズが目白押しのところ、画期的な対策法がでました。

それは、「飲む日焼け止めサプリメントメント」です。

日焼け止めとしてサプリを取り入れ、体内から紫外線による日焼けを内からの日焼け対策を可能にした商品です。

塗る日焼け止めでは対応できない日焼けを、体の内側から軽減したり、メラニンの生成の抑制を目的とした、画期的な飲む日焼け止めサプリメントです。

飲む日焼け 止めサプリメントの成分は?

では、飲む日焼け止めサプリメントの成分にはどのようなものがあり、どのような効果があるのでしょうか?

飲む日焼け止めサプリメントの商品はたくさんあり、ひとつひとつの飲む日焼け止めサプリメント商品によって成分が少しずつ違ます。
その成分の中でも代表的に含まれてるのは大きく分けて3つです。

それは、

天然シダ抽出成分である「FernBlock」系

まず、Fernblockですが、天然のシダ抽出成分です。

Fernblockの天然のシダ抽出成分には、光老化や皮膚がんに関係の深い紫外線A波に対して高い防御効果が認められました。

しかし、Fernblockは紫外線を防御しようと、必要なビタミンDの形成までも妨げてしまうというデメリットが存在します。
そこで、近年、それを改善した飲む日焼け止めサプリメント商品の開発に成功しました。

ちなみに、この効果は紫外線防御効果だけでなく、強力な抗酸化作用、抗炎症作用、喘息や心臓病の治療、アルツハイマー等の治療等にも効果が認められています。

ニュートロックスサン系

ニュートロックスサンは、
10年以上の歳月をかけスペインの大学で研究開発された100%天然由来の成分です。

日差しが強く、日焼け止め対策に取り組んでいるスペインで生まれた、ローズマリーの葉と、シトラスの果実から抽出されたポリフェノールを最適な配合で混ぜ合わせた成分です。

ローズマリーは、地中海地方に多く自生しているハーブで、抗酸化作用の高い〝カルノシン酸〟〝ロズマリン酸〟を多く含んでいます。
そのため、アンチエイジングに効果のあるハーブとして古くから活用されています。

シトラスは、〝柑橘類〟の果実をいいます。
みかんやオレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの果実に含まれるポリフェノールを活用します。

このローズマリーとシトラスの両成分を配合し、1日250mgほど摂取し続けると嬉しい効果を実感できます。
その嬉しい効果とは、紫外線に対し、抵抗力(保護力)が劇的にアップしたという効果が得られるのです。

そして、3ヶ月間続けると、50%以上に紫外線に対しての抵抗力が上がったというデータがでました。

このような研究の結果、ニュートロックスサンというスーパー成分が配合された人気の日焼け止めサプリメントが誕生したということです。

パイナップルフィトール

パイナップルフィトールとは、

パイナップルから抽出されたメラニンを抑制を生む成分で、メラニン生成抑制作用のあるコウジ酸の56倍の力があるといわれています。

その他、果物や野菜から抽出された「ポリフェノール」や「ビタミン」などの抗酸化物質や、シダ植物由来の「PLエキス」が主成分のものがあります。

このように、「飲む日焼け止めサプリメント」の成分にはいろいろな種類があり、それぞれの飲む日焼け止めサプリメント商品に「特化したもの」を売りとしています。

飲む日焼け止めサプリメントのメリットとデメリットはなに?

しかし、飲む日焼け止めサプリメントにも、メリットとデメリットがあるのでは・・・って気になりますよね。

そこで、気になる飲む日焼け止めサプリメントのメリットとデメリットをそれぞれ詳しく調査しましたのでチェックしてみてください♪

飲む日焼け止めサプリメントの気になるメリットは?

画期的ともいえる飲む日焼け止めサプリメントですが、メリットは大きく分けて3つです。

(1)紫外線による日焼けを軽減

飲む日焼け止めに含まれるメインの成分は、紫外線を浴部続けると発生してしまう活性酸素を抑制し、日焼けによる炎症を軽減してくれる働きをします。

(2)紫外線によるシミ・シワの原因を抑制

シミの原因であるメラニンは、紫外線の影響で大量に発生しますので、飲む日焼け止めサプリメントは、メラニンを抑制する働きをします。

(3)肌の酸化を抑制

飲む日焼け止めサプリメントには、抗酸化成分が豊富に含まれている為、肌の酸化を防ぎ、シワやくすみを抑制する働きをします。

飲む日焼け止めサプリメントは、簡単に「体の内側からの紫外線対策」ができるところから、幅広い支持を集めています。
また、肌の表面の日焼けだけでなく、肌内部の紫外線によるダメージのケアも期待されています。

飲む日焼け止めサプリメントの気になるデメリットは?

一方、飲む日焼け止めサプリメントのデメリットは、

実は、国産の日焼け止めサプリメントは、果物や野菜から抽出された「ポリフェノール」や「ビタミン」などの抗酸化物質であるため、副作用や健康被害の心配はないといわれています。

しかし、シダ植物系を原料として作られている海外のサプリメント商品の中には、若干のサプリメント商品にアレルギーや副作用の報告が見られるという結果が出ていますので、決して「0」ではないようです。

そのため、自然由来成分であっても、食物アレルギーのある方や妊婦中や授乳中の方、持病を持つ方は、日焼け止めサプリメントを購入、または服用する前に、医師や薬剤師さんと相談してください。

飲む日焼け止めサプリメントの購入できるのはどこ?

もし、皆さんが、飲む日焼け止めサプリメントを試したいのなら三つの選択肢があります。

一つ目は、皮膚科や美容外科、クリニック等の医療機関で購入する方法です。

当然ながら、医療機関にいくと、必ず診察をしますので、その人の体質にあった飲む日焼け止めサプリメントや、使用方法等のアドバイスがいただけます。

二つ目は、薬局やドラッグストアで購入する方法です。

今では、様々な飲む日焼け止めサプリメントが出ています。
時間をかけて自分にあった飲む日焼け止めサプリメントを選び安くなりました。

三つ目は、通販です。
ネットショップでは、よく「売れ筋ランキング」がありますね。
「飲む日焼け止めサプリメントの効果・効能はどうか」「どのような商品が人気なのか」「口コミ」などの情報を参考に飲む日焼け止めを検討できますね。

しかし、なんといっても大切なのは、「飲む日焼け止めサプリメントと体との相性」と「安心安全」です。
そこで、医療機関以外で選ぶ、飲む日焼け止めサプリメントのチェックポイントをご紹介いたします。

・成分や配合量
「ニュートロックスサン」や「リコピン」などの、臨床実験で紫外線から肌を守ることが証明されている抗酸化成分の含有量等をチェックしてみましょう。

また、外国の飲む日焼け止めサプリメントも、安全性をうたっていますが、国内では禁止されている原料が配合されている場合が考えられます。
こちらもチェックです。

・国産か外国産か
サプリメントは飲むものです。
安心安全を考えた「国産派」の方は要チェック事項です。

飲む日焼け止めサプリメントの効果を「より上げる」ための3つの方法は?

まず、飲む日焼け止めサプリメントを試す時は、次の2点についてチェックしてみましょう。

それは、
1.配合成分を確認して、自分にあったものを選びます。
2.服用のしかたをチェックします。

飲む日焼け止めサプリメントの種類にもよりますが、配合されている成分によっては、自分に合わない場合があります。
また、服用のしかたも、商品の特性で決まっていますので、用法・容量をしっかり確認して服用してください。

そして、飲む日焼け止めサプリメントの中には、毎日一定の時間に飲み続けると、抗酸化作用が向上し、紫外線の影響が受けにくくなるものがあります。

ずっと対策したい方は、このような飲む日焼け止めサプリメントを選び、毎日飲み続けるとよいでしょう。
また、特に紫外線が強い季節は、外出前に飲む日焼け止めサプリメントを服用するだけではご心配のかたもいらっしゃると思います。

このような場合は、飲む日焼け止めサプリメントと日焼け止めクリームの併用をおすすめします。

ところで、日焼けした肌は、生活習慣を見直すし、肌のターンオーバーのリズムを正常に戻すことが可能です。

その効果を上げるための3つのポイントをご紹介いたします。

肌作りは睡眠からです。

睡眠が足りていると、生きていくうえで欠かせない成長ホルモンが正常に分泌されて、肌や体調が整いやすくなります。

睡眠不足になると、この成長ホルモンの分泌が滞り、代謝が悪くなったり、細胞の結合が弱くなったりなど不調をまねきます。

そのため、ターンオーバーのリズムが乱れ、古い角質が残りやすくなります。

その結果、くすみ、シワ、シミ、吹き出物、乾燥といった肌トラブルを引き起こします。

「お肌のゴールデンタイム」・・・この言葉、聞き覚えがある方もいらっしゃると思います。

これは、夜22時から午前2時を指し示す言葉で、1日のうちで成長ホルモンの分泌が最も盛んな時間帯です。

この時間帯に睡眠をとり、お肌のターンオーバーのリズムを整えることが大切です。

夜型化している現代人には毎日継続するには壁が大きいかもですが、ご自身のできる範囲で実施するだけも効果を実感できますからおすすめです♡
そして、そこに日焼け止めサプリメントを服用して、相乗状効果を狙いましょう。

バランスのよい食事をとりましょう。

肌のターンオーバーのリズムを崩さないためには、食事も大切です。

そのため、日焼け対策には、美肌や、肌の調子を整えるような成分の入っている食材を積極的に摂りましょう!

たとえば、ビタミンCを代表とするビタミン類やミネラルなどの含まれる食材を、できるだけ3食の食事で摂る努力をするとよいでしょう。

また、脂質や糖質、そしてタンパク質も欠かせません。

つまり、一般的に5大栄養素と呼ばれているものを、バランスよく継続して摂ることが必要なのです。

また、朝食抜きの生活をおくると、美肌にとっても健康にとっても大敵です。朝食・昼食・夕食を規則正しく食べることが重要です。

バランスの良い食事は、日焼け止めサプリメントの効果を上げる役割がでるでしょう。

定期的に体を動かしましょう

私達の体は、運動によって健康を維持しています。
それは、お肌も同じです。
運動不足になると、肌の健康にも悪影響を及ぼしますので、そのために運動が必要なのです。

ダメージの回復は、寝ている時に分泌される成長ホルモンが行いますが、運動でもそれが可能です。

特に、ターンオーバーは、いろいろな条件でサイクルが狂いますので、運動をして、成長ホルモンの分泌を促し、血液の流れを促進して代謝を高めると、肌のターンオーバーが活性化されます。
そして、そこに日焼け止めサプリメントの成分を入れると、より効果的な肌の修復につながります。

ここでちょっと・・・「日焼け防止対策」こぼれ話

ハプスブルグ家でも、随一の美女と言われたエリザベート皇妃は、美容に大変な時間と労力をかけた方でした。

日焼け対策として、精製したハチミツや、凝乳でパックをしたり、イチゴの時季には、つぶしたイチゴや特製イチゴ軟膏、寝る前に薄切り牛肉パック等をしていました。

しかし、このような涙ぐましい?努力したにもかかわらず、彼女は、歳を取るにつれて、日焼けが戻らず、キツイしみやしわができてしまいました。

もちろん、この頃は、日焼け止めサプリメントなどはありません。
また、彼女は、食事でも、太るのを恐れて極端なダイエットを繰り返していました。
彼女の肌のトラブルは、おそらく栄養不良の影響も関係していると思われます。
でも、やり方がすごすぎますね。・・・鬼気迫るものを感じます。

日焼けはどのようになるの?原因を知りたい

まず、日焼けのなり方をお伝えする前に、私達の肌の作りと働きについてみてみましょう。

私達の肌は、3段構造になっていて、肌表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の順に重なっています。
美容関係でよく聞く「角質層」は表皮に存在します。

この表皮は、常に外気にさらされながら、厚さわずか0.2mmの層で異物の侵入を防いだり、肌の大切な機能である水分保持をするという機能を持っています。

次に真皮は2mm程度の厚みがあり、これが皮膚の主要な部分です。
コラーゲンやエラスチンなどで構成されて、肌の弾力やハリを保つ役割をもちます。

そして、一番下の皮下組織は脂肪で形成され、肌組織に栄養を運んだり、老廃物を排出する働きをしています。

皮膚は、ターンオーバーと言って、個人差はありますが、約28~56日周期で、表面の古い角質層を押し上げて、古い角質が垢(あか)として剥がれ落ち、その下に生まれている肌細胞が新しい表皮となる現象が起きることをいいます。

つまり、ターンオーバーは、常にしなやかで強い角質バリアの維持を目的としているのです。

そのような肌が日焼けをすると、
肌が赤くなって熱を持ち、しばらくすると黒ずんだ色に変わっていきます。

この現象を、私達は「日焼け」と呼びますが、医学用語では「日光皮膚炎」と呼ばれるものです。

つまり、日焼けのメカニズム は、
紫外線を浴びて、皮膚が炎症を起こして皮膚が赤くなり、その後、皮膚にメラニン色素が作られて色素が沈着すると言った過程を踏みます。

日焼けがひどくなるとお肌の変化は?

日焼けは、実は肌がやけどをした状態と同じです。
紫外線で日焼けをすると、角質層にメラニン色素が発生します。

ターンオーバーが順調であれば、きちんと剥がれ落ちていきます。
そのため、日焼けでいったん黒くなった肌も、ターンオーバーによって元の肌色に戻っていきます。

しかしターンオーバーのリズムが狂うと、古い角質層が排出されずに、表皮が厚くなっていきます。
そして、肌の透明感が失われてくすんできます。
さらにメラニンが排出されないために肌色が元に戻らず、色素が沈着してしまいます。

これが繰り返されると、将来的にシミやシワ、たるみなど「肌老化」の原因となるだけでなく、皮膚がんや白内障など健康被害が出る可能性もあり、決してあなどれません。

このように、日焼けをするといろいろな弊害がでてくるのです。

飲む日焼け止めサプリメントのまとめ

いかがでしたか。

このように、年々飲む日焼け止めサプリメントは、ますます人気上昇中です。
しかし、ヨーロッパでは、当たり前の習慣らしいです。
その点では、日本のサプリメント文化は遅れ気味ですか?

しかし、近年の、環境の変化による紫外線の増加を考えると、美容面だけでなく、健康面での対策として、ますます進化すると思います。

美容のため、健康のためと、人それぞれの目的に合わせて、飲む日焼け止めサプリメントを上手に使って、心豊かな生活ができるとよいですね。